〈雨〉です。トルコのイスタンブールも雨です。



電子書籍で漫画のサンプルを見漁ってたら一日が終わってました。



おかげで絵も小説もまったく触ってないです。



僕としたことがっ!



でも気になるマンガが結構増えました。
なろう系のコミカライズって面白いのが多いんだよね。

絵の良し悪しには左右されるけど。
上手いと感じないものから上手いと感じるものまで幅広いのが特徴よね。


多分絵師によって不利益被ってる作品も多いと思う。


それでOK出しちゃうか……ていうのもよくある。

まあ僕はど素人として小説も絵もやってる立場なので強くは言えないけど。


でも小説家になろうで見かけて気になってたのだったりちょっと読んだものが微妙な絵師さんの手で描かれているとがっかりはしちゃうね。



なろう作品の多さとイラストレーターが多い(らしい)ことを考えればある意味ウィンウィンなのかもしれないけど。
作品を発表する場や実績にも繋がるわけだしね。




それはともかくなろう系の作品のコミカライズは面白いのが結構多いんだよね。
僕も結構買ってます。


なんだろうね。
なろう系の作品とそれ以外の作品で何かが違うんだろうけどその違いが説明できない。


ただ普通の漫画より読みやすくて先が気になる作品が多い気がする。

僕がなろう系の作風が合うだけかもしれないけど。


読みやすいっていうのは確実にあると思う。

アニメで言えば精神をすり減らさずに見れる、て言ったら伝わるかしら?

頭を使わなくてもいいというか。
あと主人公チートものが多いからコメディー色出やすいってのがあるかも。


それに個人的に異世界系とか似通った作風はあるものの、その中で色んな物語があるっていうのも良いと思う。

僕は「物語」や想像するのが好きだから、このパターンだったらこういうものが見たいとか、こういう展開があったらいいなって考えたりしてて、
それがなろう系だと、例えば異世界転生系の中で様々なパターンの物語が見れるわけだから、それが気に入っているのかもしれない。


ネットとかだとたまに「また○○かよ」「また長文タイトルかよ」とか言われてるけど僕はあまり気にしないからね。

似たような作品でも登場人物が違えば違う作品として楽しめちゃう。

長文タイトルについては思うところがないわけでもないけど。
最近は長文タイトルよりも短めのやつとかの方に行きがちだし。

長文タイトル多くて逆に短いタイトルの方が目立ってきた感もあるよね。


というか長文タイトルよりも商業発表された作品のタイトルをまねてるやつの方が僕はちょっと嫌です。


似たような世界観で描きたいとか、イメージが沸いたとかは分かるけどもうちょっと考えよう?って思う。
似てるから間違えとかで見られるっていうのも狙ってるんだろうけど。




まあ何が言いたいかというと、

なろう系のコミカライズ面白いから買おう!

ってことです。






他にはコミカライズ繋がりで久しぶりに小説家になろうのサイトで小説を読んでました。

久しぶりに読むと面白いね。


一つ、特にお気に入りに作品もできました。


錬金王さん、という方の「独身貴族は異世界を謳歌する」という作品。


めっちゃ好き。


文章もとても読みやすかったし何より主人公が結婚したくないと考えてるところにめちゃくちゃ共感してしまった。

僕自身主人公と似たような考え持ってるので「わかる」ってなってしまう。
「一人良いよね」、ってなる。


主人公とヒロインがくっつく、っていう王道ものも良いんですけど、この作品みたいにそもそも一人が良いので恋愛とかどうでもいい、むしろ邪魔、みたいに主人公が思ってる作品もとても良い。

一人が良いみたいに言っておいて結局ヒロインと仲睦まじくやってる作品にこの作品を突き付けてやりたくなります。




まったく進んでいませんけど実を言うと僕が今描いてる小説もこれ系なんですよ。

主人公は一人が好きでヒロインが出てきても遠ざけようとするタイプの主人公のお話です。
結婚したくないとも思っています。
あとコミュ障系の主人公を謳っておきながら普通にコミュニケーションとってる作品が多いので、それに逆らう作品でもあります。


練金王さんの独身貴族~の作品見たら創作意欲が湧いてきたので形にしていきたいなと思いました。







あ、そういえば一日が潰れたと言いましたが勉強はノルマちゃんとやりました。

偉い!








by〈雨〉