あめのちブログ

〈雨〉〈霖雨〉〈外待雨〉〈樹雨〉で運営するブログ。 日記をメインにアニメ、小説、イラストの話を書いたりしてるよ。

2022年08月



〈雨〉です。



葬式終わりましたぁぁ。


辛いですねぇ……。


リビングに置いた遺影を見ると悲しさがボディブローしてきてとても辛い……。

一昨日は安置していた場所で顔を見てもなんともなかったけど、今日は本当に最後のお別れだからか駄目でした。
亡くなった親の死後の旅路とかを考えてしまって悲しくなっちゃった。
はぁ……。

それと火葬。
あんなに体積があった人間の体が30cm四方の箱に入ってしまうほどの小ささになっちゃうなんて怖いところある。
冷静に考えてみて欲しい。

つい30分ぐらい前までに棺には亡くなった親が横たわっていて、そこには棺一杯の花で満たされていたんですよ?
それがものの30分程度で骨だけになってしまうの、どう考えても怖いでしょ。
それに悲しいよね。

昨日までは会いに行けば痩せ細ってしまってはいるけど、生前の姿に会えたんです。
でももう永遠に、実物を見ることはできないんです。
会えないんです。

悲しいっすよねぇ……。
少し入院してたときと状況が似てる感じもありますよね。
入院してたときは会えないけど生きている、という確信があって安心できてましたが、亡くなってしまって、入院してたときから会えはしなかったけど、本当に会えなくなってしまったという事実が胸にぽっかりと穴を空けてしまったようなそんな感じ。

火葬の場合も、亡くなってしまったけど生前の姿に会えるという手の届く安心感がありましたが、火葬後はもう手の届かないところまで行ってしまったような後戻りができない感じ。
「会えない」と「いなくなる」はここまで違うんすよね……。
寂しいね……。

そして現実感もまだ少し解像度が低い状態です。
リビングの遺影は容赦なくその現実を突きつけて来るんですが、現実とフィクションの間のモヤモヤしたような感じがします。
すぐさますべてを受け入れる必要はないけど、いつかすべてを受け止められるのかと不安になりますね。

なんというか、人がいなくなるってすごいエネルギー消費なんだなと思った。
戦争なんてしてる場合じゃないよまったく。
はぁ……。

まあ、一歩ずつ進んでいくしかないよね。
一応一区切りは付いたから、明日からは通常営業で習慣をこなしていこうかね。
親が亡くなって少し心境の変化もあったし、積極的に挑戦もしていきましょ。

それと遺品整理。
僕が使ってる部屋は亡くなった親が使ってた書斎部屋なので、興味がない本は捨てていこう。
面白そうなのは残して読ーもお。

無理せず頑張りますか。




by〈雨〉



〈雨〉です。



棺に入れる写真をプリントして、その後は……なにやってたかな。


そうだ、掃除してました。


遺骨とか置くのに少し家具の位置を変える必要があったので。

家具の位置換え自体は大したことなかったんだけど掃除でそこそこ疲れました。
ついでにーってことで他の場所も掃除したからね。
家中の壁の茶色いシミみたいの(壁紙貼ったときののり)をごしごし拭いてました。

家リフォームとかした後、しばらく経ってから壁に茶色い汚れみたいの出てくることがあるらしいんだけど、それは壁紙貼ったときののりが酸化したもの、ってエアコン清掃の方に教えてもらったんですよね。
汚れを取るのは簡単で、固く絞った雑巾で拭くだけ。
でも結構力入れて拭かないと取れない汚れもあって疲れちゃった。

なかなかに重労働だぜ……。
そのかいあって綺麗になったけど。
すっきりです。


写真の方は、いっぱいプリントしちゃったけど結局は半分に。

棺には燃えるものなら入れても良いんだけど、分厚い本は灰がいっぱい出るのでやめた方が良いということで、写真も同じかなと思いまして減らしました。
当日にもしかしたらまた減らすかもですね。
あとは存命の人が映ってるのも、連れてっちゃう、と考えることもできるのでやめた方がいいとのこと。

僕は特にそういうのは気にするタイプではないですが、親はちょっと怖い、ということでやめることに。
不安とかそういうのはない方が良いもんね。
そうなると写真には無機物とかしか映らなくなるのでちょっと寂しいんですがしょうがないです。


あとは、棺に入れるものとしては手紙とかも多いらしいんですけど保留中。

なにせ時間がない!
書けるかどうか微妙なんですよね。
とりあえずは風呂入ってやりはじめてみて、書けたら、ってところですね。

1時間くらいで書けるかな?
最後のお別れですしやってみますか。
家族の写真も入れられないし、最後に生きてる間に会うこともできず、ずっと寂しさを感じてたと思うから、これぐらいはやってあげたいよね。

自己満足かもしれませんが。

さっさとシャワー浴びて取り組みますか。



by〈〉



〈雨〉です。



今日はメダカを少し。


午前中はエアコンなくても過ごせるぐらいの涼しさだったしメダカでやること全部終わらせようと思ったんだけど、できなかった。


思ったより日射しが強かった!

目が!目が~!
かなり明るかったので部屋に戻ったときに暗ってなった。
あと気温は確かにそこまでではなかったけど日射しが強かったら暑いわね。

時間も思ってたよりかかりそうだったので途中でやめときました。
マツバイか思ってたより綺麗に育ってたので、再生したビオトーブに入れようかと。
ミズユキノシタとアサザも入れちゃおうかしら。

今入れてる水草のひとつが、水に付けずに2日ぐらい外に置いておいたやつだから枯れちゃいそうなのよね。
根本はまだ行けそうな色はしてるんだけどね。
あとはビオトーブのケースが結構大きいからもう少し水草入れても大丈夫な気がする。
どっちも成長すると処理が面倒なので定期的な手入れが必要になっちゃいますが。

まあそれぐらいは?
わかんない。
面倒でやらないかも。

次にメダカやるときの僕に任せる。



親関連の方は、安置してるところに顔を見に行きました。

昨日までは顔を見たら涙が出てきてたけど今日は大丈夫だった。
自分のなかである程度区切りを付けられたのか、それとも現実感がよりなくなってきたのか、そこはちょっとわからないですけど。
葬式がまだなのでなんとも言えないところではありますね。

火葬が終わったらまた何か変わりそうだよね。
どうなるかな……。
ちゃんと受け止めて区切りを付けられたら良いな。



親関連で少しネガティブよりになってる気がするので今はツイッターで積極的にコメントを残す作業をしてます。

無理には残さないけどね。
無理にやるのは違うと思うので。
イラストとか漫画を見て、感想を残していってる。

もちろん誉める全振りで!
亡くなった親も過保護気味で誉めてくることが多くて、でもその誉める親はもういないし、そうでなくてもだんだん歳を取ると誉められる機会って無くなると思うから、なら僕が誉めていこうと!
ちょっと上から目線だけど!

まあもっと単純に言えば、思ったことはしっかり言葉にしよう、ってところなんですけどね。
別に今までもイラストとか呟き見て、○○○!って感想があって、ただ伝えなくてもいいかってなってたんです。
僕のコミュニケーション下手なところよく出てますね。
だけど親関連で繋がりって大事だなと思ったし、誉められるのってクリエイターにとってもモチベになるしで悪いことはないと思うのです。

僕のコミュニケーション下手の改善もみられるかもだし。
これからはどんどん言葉にしていきましょ。
とはいえ、余計なことは言わないように注意はしなくちゃね。




by〈雨〉



〈雨〉です。



悲しいことがあったけど、後から読み返して、あの時はこんなことを考えてたのか、とかわかるので、記録として日記を書いとこうかなと思いました。


忘れる心配もなくなるしね。


悲しいことも嬉しいことも色々あるのも日記だと思うし。

それで、悲しい出来事なんですが。

率直に、闘病中だった親が亡くなりました。

はい。
もう、ね。
悲しい。

少し弱りぎみになって入院して、そろそろ退院しようか、との話も出てきてたんですが、コロナがまたぶり返し、コロナではないですが少し体調が優れないかな、となって退院できずにずるずる入院が長引いた矢先の出来事でした。
危ないかもしれないと電話が来て、急ぎましたが間に合わず、入院してから再び親に会えたのは亡くなった後でした。
なんか全く現実感がなかったよね……。

穏やかな顔で本当に寝てるだけって感じ。
体を揺すって声をかければ「ほえっ」と寝ぼけ眼で起きてくれそうなそんな感じだった。
でもやっぱり起きなくて、死亡確認もして、亡くなったんだなって。

でも今でも現実感はまだないんですよね。
入院してる期間があって、電話でのやり取りしかできてなかったから、まだ病院で入院してるだけなんじゃないかと思えてくる。
亡くなる間際に側にいれなかったからなのかね?

まだ闘病中の親が入院してて、それを少し心配しながら家で帰りを待って、自分の生活を送っている日々のような気がしてます。
弱りぎみで入院してたので、急、ということはないのかもしれないけど、急に亡くなってしまったという思いが強いですね。
亡くなるときは急だとは言うけど、だって本当に何でもない一日のはずだったんですよ?

実際、他の誰かにとっては何でもない一日ですしね。
僕はメダカの世話をして、その後、届けられた食材とかを家に運んでる最中で、終わったら筋トレしよう、食材とか運ぶのは筋トレする前にやった方が楽、とかそんな事を考えてたら、もうひとりの親が声を震わせながら、呼吸が危ない、って。
気が動転することはなくて、ついに来たか……、とか、危ないって言っても死ぬことはないでしょとか考えてました。

それで少しの焦りもありながら病院に行くと既に息を引き取った後でした。
体を揺すっても呼んでも反応はなし。
ただただ悲しかったし涙が出ました。

まさか亡くなるとは夢にも思ってなかった。
普通に少し体調が良くなったら家に戻ってきて、また介護の手伝いをしながら親が好きで育てていた草花の写真撮って見せてあげようと思ってた。
パソコン新しくなったからそれでさらに上手く編集して見せる予定だった。

できなくなってしまったけどね。
退院できたらと思ってたから最近はやってなかったんだ。
会うことは無理だけど品物を渡すことはできるから、パソコン新しくしてすぐに編集して持っててあげれば良かったよ。

それに、人が亡くなることは知ってたけどまさか自分の家族がそうなることは"理解"できてなかった。
闘病中でももっと先だと思ってた。

でも多分もうボロボロだったんだよね。
病状は聞いてて、もう治療方法もないからあとは自由に生きるのが良いですね、とも聞いてたのに。
もしかしたら認めなくなかったのかも。

基本病院は親二人で言ってたから、自分も付いていってしっかり家族として支えれば良かったかなって今思ってる。
そのための時間はアルバイトの僕にはいっぱいあったわけだし。
自分が楽に生きることしか考えてなかったかな。

僕の人生経験の少なさがこういう風な行動を起こしちゃったと思う。
正直高校の時に精神的な症状が出ちゃったのが僕のすべての負の始まりだったかなって思ってる。
これのせいで経験できることが極端に減っちゃったから。

この時に戻ってやり直したいねぇ。
すぐに心療内科にでも行けば良かったよ。
放置しないでさ。


話を戻して。

入院中はずっと帰りたいと言ってたので一度家に連れ帰りました。
生きた状態で連れ帰りたかった。
もう目覚めない顔を見たら止まった涙が出てきちゃいました。

涙止まってもその顔を見るたびに涙出てきちゃうんですよね。

あ、連れ帰ったときには家の前に住んでる方が手を合わせたりしてくれてありがたい気持ちになりました。
人との繋がりって大事だなって思った出来事でした。

ちょっと長い一日になりましたね。
でも食事は取れたし睡眠も普通に取れました。
これは良かったよ。

それに、想像してたよりも悲しみは少ないかなって。
まだ完全に理解できてないって言うのも大きいだろうけど。
あとは僕考え性なところがあるので、親が亡くなるところを、病状を診断されたときに想像し過ぎて泣いてたって言うのもあるかもね。

加えて、闘病中だった親は寝てることが多かったし、入院もして闘病中の親がいない生活を既に擬似体験してたからかもね。


しかしコロナは本当にクソよね。
言葉が悪くなっちゃうくらいにどうしようもないゴミよ。
コロナがなければ面会も普通にできて寂しい思いをもっと和らげることもできたのに。


昨日は色々な葬式手続きとか電話をしてました。
僕は特にやることはなかったけど。
やることなかったって言うのは少し語弊があるけど。

僕も手続きではこっちの方が良いんじゃないって意見したりもしましたし。
あとは線香あげたりですね。
線香あげるたびに涙が出たよ。

あとは必要なものの買い物とか。
昨日はそんぐらいかな?
葬式の値段が高かったことが特にインパクト大きかった。

他にはyoutube見てぼーっとしてたし。
気力も沸かなくてぼーっとするしかないんだよね。
親のやることは多いんだけど。

親戚が側に住んでるので大変力になりました。
できればずっと親に付いていて欲しい。
正直僕に何ができるのか全然わからないので。

昨日はすこし食欲が落ちたかな。
胸がいっぱいなのよ。
まあ食べれないことは全然なかった。

ついでにいつもより寝れたし。
そいえば親が亡くなった日は亡くなった親が夢に出てきたよ。
発作みたいのが出たときに家族はここにいるよって僕が言ってた。

それで安心したように発作が治まってた。
まあ亡くなった親には発作とかそういうのは全くなかったんですけど。
ついでに痛みも全くなくて、亡くなるときも安らかに亡くなったと思うと言ってたので、これはかなり安心しました。

僕的にも辛くなくてよかった。
正直発作とかで苦しむのを想像したりしてたので。


今日は昨日に引き続き最後に会いたいという人たちの相手をしたり(僕はしてない)、必要なものを揃えたりとか。
僕は昼飯とか買いに行った。
あとは、亡くなった親のスマホよね……。

なんとなく何かあるかなとメールを見たら未送信のメールがいくつかありまして。
そこには、スマホの使い方がうろ覚えで、さらにはせん妄で頭がはっきりしないなかで、何とか頑張って誤字しながらも「帰りたい」とありました。
泣きました。

だめでしょこれは。
書いてる今も思い出して涙が出てくる。
これを親が病室でひとり、家族に会えない寂しさを感じながら書いてたと想像すると本当に辛い。

コロナは本当にクソですよ。
本当に早く終息させて欲しい。
親のような人をひとりでもなくして欲しい。

今宇宙よりも遠い場所見たら悲しすぎて死んでしまうかもしれん。

他には家の写真を撮ってました。
棺に入れてあげる写真を撮ろうかと。
帰りたいと言っていた親にはやっぱり家の写真入れてあげたいので。

家の中も色々取りました。
これで少しは気を晴らせたらと。
まあ、見れるのかはわからないけどね。

それでも、ね。
今日はそんなところかな。
食欲がさらに落ちたぐらい。

食べれないかというと全然食べれますけどね。
なんならポテチも食べてる。
寝れるかはこれから。

今日になってもまだ現実感が沸かないよ。
すぐに感じなくちゃいけないってわけでもないからゆっくり理解していかなきゃね。
あとはちゃんと生きていきたいって思った。

後回しにせずやろうと思ったことはやろうと思った。
やっぱり何事も後でやればいいよねって生き方で、いくつかミスしたなと感じたので。

それと人の繋がりのありがたさよ。
面倒な部分もあるけど助けられる部分も多いことを気づかされました。
会話は正直苦手なんだけど少しづつ克服していきたいね。

あとは健康。
せめて親より先にいくなんてことはしないようにね。
変だなと感じたら医者に行くようにしよう。

健康診断もまったく行ってないので行かなきゃ。
一応僕も直近入院してたので血液検査とかレントゲンとかは撮って問題はなかったけどね。

だからって何もないわけじゃないかもしれないし。
特に今は肌荒れが酷くなってきたのと手首が痛いのでこの辺から治していこう



色々とネガティブなことが多い情勢だったり、亡くなる馬や人も出てきてるので少しでも明るい何かを見つけられたら良いね。
明日は何か良いことを見つけられるかな?




by〈雨〉



〈雨〉です。



今日はとても悲しいことがありました。


本当に。


なのでもしかしたらしばらくブログを書かなくなるかもしれません。

まあ明日以降の僕次第かな。
それでは。



by〈雨〉

↑このページのトップヘ